相貌失認がんばり隊

相貌失認・マンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らし・手芸・絵手紙・植物・社会問題など。要は何でもアリのブログです。

新社会人のみなさん、お気をつけください!マルチ商法 体験談

f:id:aomogutan:20220404152541j:plain

「口紅や化粧品を

見に来ない?」

 

と、新人のころ

会社の先輩(女性)から

誘われて

 

のこのこ付いて行った先が

「青山こども劇場」だった。

 

 

こんなところに

口紅なんてあるんかいな?

 

と不思議に思って会場へ足を

踏み入れて見ると

 

「はい、一人千円ね。」

といきなりお金を取られた。

 

 

拒否しようと思えば

拒否できたのかもしれないが

 

これがいわゆる「集団圧力」とか

「若気の至り」とかいうやつで

中々、抗えない。

 

 

しかし、会場内を見渡した私は

引き返せば良かったと

すぐに、後悔した。

 

 

そこには異次元の世界が

広がっていた。

 

 

「宝石(仮名)キング目指せ!

エイエイ、オー!!」

 

と拳を掲げて

熱気ムンムンに叫ぶ集団や

 

「私はエメラル〇キングです。

年収1000万円です。」

 

と、ガリガリの体に

ヨレヨレのシャツ

ボロボロのジーパン

という、いかにも

 

「うそだろ、おい!

どうみても貧乏学生だろ!」

 

と突っ込みたくなるような

ニヤけた男性がいた。

 

f:id:aomogutan:20220403203257p:plain

 

胡散くさいこと、この上ない。

 

 

しかし

先輩への義理もあるので

途中で帰るわけにもいかず

 

ニヤニヤしながら

適当にやり過ごしていたら 

 

途中、どうしても私自身も

「えいえい、おー!」と

叫ばなければならない事態

となり

 

仕方なく、口パクでごまかして

やる気のあるフリをして

誤魔化した。

 

 

しかし、それがいけなかった!

 

 

どうやら見込みアリと

思われたらしく

 

帰り際、先輩から

 

「はい、販売キット。

8000円ね!」

 

と、怪しげなカバンを

渡されてしまった。

 

f:id:aomogutan:20220404152804j:plain

(実際は白っぽいカバンだった)

だが、私は

すぐにお金を払わなかった。

 

すると、案の定、翌日から

先輩からお金の催促が

始まった。

 

 

だが、私は

のらりくらりとカワしながら

絶対にお金を払おうとしなかった。

 

 

やがて

1か月くらい経ったある日、

とうとう堪忍袋の切れた先輩が

鬼の形相で

 

「販売キット、返してよ!!」

と言ってきたから

 

これはチャンスだと思い、

速攻で返した。

 

 

こうして私は

めでたくマルチ商法から

解放されたわけなのだが

  

その後、その先輩から

何かと敵対視されるように

なったのは否めない。

 

 

だが、後悔はない。

 

 

人をカモにしようとした先輩が

絶対に悪い。

 

人をカモにしようとする人は

私の人生に必要ないのである。

 

 

先輩は他にもいるし

実際に困ることは何もなかった。

 

 

私はこの一連の出来事を

「ア○ウェ○の呪い」と呼んで

 

今でも

「マルチ商法に手を出すと

ろくなことにならない」

 

という教訓にしている。

 

 

新社会人のみなさん、

色んなお誘いが来ると思いますが

 

気をつけてくださいね。

 

 

それではまた。

いつもありがとうございます。