相貌失認がんばり隊

相貌失認・マンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らし・手芸・絵手紙・植物・社会問題など。要は何でもアリのブログです。

(社会心理学)生存者バイアス・・勝者が正しいとはかぎらない 

第二次世界大戦中、連合軍が

 

 

戦闘機の強化

を図るために

 

 

どこを強化したらよいかと

悩んでいました。

 

 

 

そこで、専門家たちが

 

 

戦地から無事に帰還した戦闘機

を調べてみたところ

 

 

つばさ部分に多くの損傷

あることが、わかりました。

 

 

f:id:aomogutan:20211228103117p:plain

 

さて、どこを強化したら良いでしょうか

 

 

1.つばさ

2.エンジン

3.ボディ

 

 

 

 

結論から言うと

答えは

 

 

「3.ボディ」です。

 

 

 

もちろん、

つばさ部分の損傷が

激しいので

 

 

「つばさ部分を強化すべきだ」

 

 

 

という意見が

多数みられました。

 

 

 

 

しかし、当時の数学者

エイブラハム・ウォールド氏

 

 

「ボディを強化すべきだ」と

提案しました。

 

 

 

なぜなら

ウォールド氏は

 

 

帰還した戦闘機だけに

着目するのは、

おかしい!

 

 

と考え、

 

f:id:aomogutan:20211228111533p:plain

 

と提案しました。

 

 

その考えに納得した連合軍は

この提案を受け入れました。

 

 

 

その結果、

多くの兵士の命が助かりました。

 

 

 

このように、ウォールド氏は

 

 

勝者(生存者)だけに

着目するのではなく

 

 

敗者(死亡者)にも

焦点を当てて

原因を分析する

 

 

「生存者バイアス※」

という考え方を生み出しました。

 

※バイアス-偏り/認識の歪み

 

 

この「生存者バイアス」ですが

 

 

現代にも多くの事例が

当てはまります。

(それはまたいつか

記事にしたいと思います)

 

 

 

我々は、

 

 

片側(特に勝者)だけの立場や

意見だけに

捕らわれていると

 

 

本当に正しいことを

見極めることができない

 

 

ということを

 

 

よく肝に命じておく必要が

あるというわけです。

 

 

 

それではまた。

いつもありがとうございます。(^^)