相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

(学習マンガ) いじめっ子がサラッと謝罪してきた場合  民法第96条

<いじめっ子がサラッと謝罪してきた場合> 

f:id:aomogutan:20210602221619p:plain

f:id:aomogutan:20210602221631p:plain

というわけで
 

加害者の方は、罪悪感が失せて

すっきりしているかもしれませんが

 

被害者の方は、まだいじめの傷が

癒されておらず、さらに

ひどい自己嫌悪感もプラスされて

しまいました。

 

泣きっ面に蜂、ですね。

 

 

被害者のいじめの傷は

すぐに癒されるとは思いませんが

 

せめて自己嫌悪感の方だけでも

取り除いてあげたいものですね。

 

では一体

どうしたらよいのでしょうか?

 

それは、民法の考え方

利用すれば良いのです。

 

民法第96条第1項によると

「脅迫による意思表示は

取り消すことができる」

とあります。

 

今回のケースは

  • 時間がない状況
  • 急な呼び出し
  • 大勢の前(集団圧力)
  • 恐怖心

といった状況下だったため

 

「脅迫」とまではいきませんが

「致し方ない状況下だった」

と言えます。

 

つまり

「じっくり考えて返答する」

 ことが、不可能な状況でした。

 

従って、被害者が思わず「いいよ」

と言ってしまった言動は

「自分の意志ではない」

と捉えることができるため

 

「後で取り消しても良い」

と結論付けることができます。

 

ならば

自己嫌悪を感じる必要は

ないですよね。

 

 念のため、繰り返しておきますが

上記の状況下

  • 時間がない状況
  • 急な呼び出し
  • 大勢の前での行為(集団圧力)
  • 恐怖心を抱いていた

というのは程度が弱く、

脅迫とまではいきません。

 

従って

実際に意思表示を取り消せるか

どうかは不明ですが

 

「致し方ない状況下での返答は

自分の意志ではないため

後で取り消すことが可能」

という民法の考え方を

知っておけば

 

うっかり返答してしまっても

自分を責めなくて済みますね!

 

それではまた。

いつもありがとうございます。

(*^^*)