相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

「信用とは一本の糸である」自分の行いが間違いだと気づいたときはどうする?

f:id:aomogutan:20201011212014p:plain

信用とは一本の糸の

ようなもので

 

一度切れると決して

元に戻ることはない

 

だから

「絶対に

人の信用を失うようなことを

してはならない」

と昔、何かで

読んだことがあります。

 

一度切れた糸を繋げる方法は

ありません。

 

一度失った信用を

100%回復させることは

不可能なのです。

 

ですが 

糸を結ぶ=

信頼を少しだけ回復させる方法

はあると思います。

f:id:aomogutan:20201011212045p:plain
それは

間違いを認めたら

迷惑をかけた人々に

誠心誠意謝罪し

 

行いを修正して

信頼回復に

努め続けること

です。

 

それしかありません。

 

たとえ一度で許してもらえなくても

 

言換えれば

相手の怒りが強ければ強いほど

 

何年でも何度でも時間をかけて

誠意をもって謝罪し続け

己の行動を改めるしかありません。

 

さすれば

100%信頼が回復することは

なくても

 

50%くらいは回復する可能性が

あるのではないでしょうか。

0%よりは断然マシです。

f:id:aomogutan:20201012193514p:plain

そして

過去の間違えた地点の

人間関係や環境をリセットし

 

周囲から

信用されるような道を選んで

歩み続けるしかありません。

 

もしそのようなことをせず

そのまま

間違った道を歩み続け

間違った人に

ついていったままにしておくと

 

己が失われるだけでなく

周囲からの信頼さえも

どんどん失われていきます。

 

恐らく仕事や大多数の人との関係も

立ち行かなくなるでしょう。

 

思いきって軌道修正しない限り

苦しい状況は死ぬまで続くのです。 

f:id:aomogutan:20201019104847j:plain

私が今一番大切なのは、家族です。

何も問題がない家庭など

この世に存在しないと思ますが

 

大きな被害がない限り

 

長年一緒に暮らして苦楽を

共にしてきた家族を裏切って

蔑ろにし

 

信頼を失うことだけは

絶対にしたくないものです。

 

家族の信頼だけは

絶対に

失いたくありません。

 

とても大変な時期もありましたが

共に暮らしてきた家族には

感謝しかありません。

 

半沢直樹でも「感謝と恩返し」は

大切だと言っています。

この2つを忘れた未来は

ただの独りよがりの絵空事だ!

 ってね。

 

ずっと感謝を忘れず

信用される

人間でありたいものです。

 

それではまた。

ありがとうございました。(^_^)

 

www.sobo-aomogutan.com

www.sobo-aomogutan.com

www.sobo-aomogutan.com