相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

上善如水「水のようにしなやかに生きよ」という老子の思想

「上善は水の若し」

(じょうぜんはみずのごとし)

は老子の文言です。

同じ名前の日本酒もありますね。

f:id:aomogutan:20200915204700j:plain

上善は水の若し。

水は善く万物を利して

争わず、

衆人の悪む所に処る、

故に道にちかし。

上記の文をわかりやすく

説明すると

 

一番良い生き方は

水のように

生きることである。

 

水は

万物に恵みを与える。

 

水は

争うこともしない。

 

水は最後には

人が嫌がるような

低い場所に落ち着く。

 

だからに近いのだ。

 ※道=道徳や真理などを幅広く表す言葉

 

という意味になります。

 

老子は水を

 

何事にも

抗うことなく

生きるものの象徴

 

として捉えていました。

 

しかしそれは

決して卑屈な意味などではなく

 

水をもっと大いなるものとして

捉えていたようです。

f:id:aomogutan:20200915204730j:plain

天下の至柔は

天下の至堅を馳ていし

無有は無間に入る。

 こちらも分かりやすく説明すると

 

世の中で最も

柔らかいものが

 

世の中で最も

堅いものを動かす。

 

また

形のない水は一見

隙間のないような所

でも入っていくことが

できる。

 

という意味になります。

 

確かに 

やわらかい水は

岩をも動かすことも

できますし

 

どんな形にも

姿を変えることが

できるため

 

ちょとした隙間にも

入っていけます。 

f:id:aomogutan:20200916160254j:plain

水はしなやか!

争わない!

でも

無敵!すごい!

 のです。

f:id:aomogutan:20200916160314j:plain

つまり

「上善如水」

で最も伝えたいことは

 

水のように

大いなる力を持って

いたとしても

 

身の丈に合わない

野望に捕らわれたり

無駄に争ったりせず

 

しなやかに謙虚に

善良に生きるのが

人の道

 

ということです。

 

このような考え方は

競争下社会に置かれて

疲労困憊している

我々現代人にとって

 

とても大切なこと

なのかもしれませんね。

 

わたしには水のような力は

ありませんが

しなやかに生きていきたい

ものです。

 

それではまた。

 

 (引用及び参考HP:NHKテキストView教養)
textview.jp

 

 

www.sobo-aomogutan.com

www.sobo-aomogutan.com

www.sobo-aomogutan.com