相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

悪いことは先に、良いことは後で言う

【Z会プログラミング講座】テクノロジーに触れ、考え、実践しながら学ぶ経験を、ご家庭で。<資料請求>

「悪いことは先に、良いことは後で言う。」

これは私が子供に何か注意をするときに、最も気をつけていることです。

例えば、

「がんばったけど、ダメだったね

ではなく、

「ダメだったけど、がんばったね

と言うようにしています。

どちらも同じ意味ですが、受け取るニュアンスが全くちがいます。

前者は、「ダメだった」ことが結論になり、後者は「がんばった」ことが結論になります。

「がんばったね」が結論になると、次回もがんばろうと思うのが子供というものです。

日本語は前後を入れ替えるだけで、受ける印象がガラリと変わってくるため、言い方が難しいのです。

f:id:aomogutan:20191030190047j:plain

「悪いことは先に、良いことは後で言う」は子供だけでなく、一般的にも通用する話術だと思います。

本当にオススメですよ。

ただし、悪いことが長くならないようにお気を付けくださいね。

良いことを言おうとする前に、子供の心の扉が閉じてしまいますよ。(笑)

ご精読ありがとうございました。

【Z会プログラミング講座】テクノロジーに触れ、考え、実践しながら学ぶ経験を、ご家庭で。<資料請求>