相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

どこまで走ればいいの?相貌失認の徒競走②

運動会の徒競走では、ゴール位置にテープが張られます。

みなさんはそのテープを切ったことがありますか?

残念ながら鈍足の私はただの一度もありません。

そうなのです。ゴールテープを切ることができる人はただ一人!
1番走者だけなのです。2番以降の走者は、テープ無しでゾロゾロとゴールする運命なのです。

ゴール付近には常にごちゃごちゃと人がいます。走者と、走者に順位を伝える係りの人達です。

相貌失認でない人は、ゴールテープがなくても、ゴールの位置がわかります。

 

ゴールに到着するや否や、走ることをパッと止めますが、ソボは違います。

ゴールを過ぎてもずっと走り続けます。ゴール係の人が自分を捕まえてくれるまでずっと、走り続けます。

なぜなら相貌失認のソボは、風景の一部しか認識することができないし、距離感もつかめないからです。

 

そのためテープがないと、ゴールの位置がわかりません。(いつもビリですし)

そのようなわけで小中学生の頃は、徒競走のルールが、全く分かっていませんでした。

 

ソボは、「徒競走はゴールまで速く走った人が勝ち」ということはわかっていたようですが、「ゴール係りの人が自分を捕まえてくれるまで走りつづける競技」だと、ずっと勘違いをしていました。

 

徒競走をするたびに、ゴール係りの人、早く捕まえてくれないかなぁ、とずっと思っていたようです。

f:id:aomogutan:20191022172609p:plain

ですが、そんなソボの思惑とは裏腹に、一番苦労していた人がいます。

それは、ソボのゴール係の人です。

ビリで到着したにもかかわらず、ゴールを過ぎてもなお減速せずに、走り続けるソボを追いかけるのは、さぞかし大変だったことでしょうね。

人というものは、知らず知らずのうちに、誰かのお世話になっているものなのですね。


今となってはどこのどなたか存じませんが、ソボのゴール係の人よ。
ありがとう、そしてごめんなさい、お疲れ様でした、と過去に遡って伝えたい。

 

ムリですけどね。笑


ご精読ありがとうございました。