相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

相貌失認の人は人を名前で呼ぶことができない

相貌失認のソボは、矯正メガネで相貌失認が矯正されるまでは、人を名前で呼ぶことができませんでした。

誰が誰だかわからないので、ムリもありません。

それでは人に用事があるときは、一体どのようにしてきたと思われますか?

その答えはこうです。
「ねえ」や「ちょっと」と呼びかけることで、相手に気づいてもらえるようにしていました。

でも呼びかけても、相手がどうしても気づいてくれない場合もあります。そのようなときは、ソボが認識できる場所(相手の背中や肩や手など)を人差し指で軽くトントンと叩くことによって、気づいてもらうようにしていたそうです。

なんと幼稚園から高校までの14年間、ずっとそのようにして、人の名前を呼ばずにやり過ごしてきました。本当によくそれでやって来れたなぁ、と思います。名前が分からなくても、何とかなるものなのですね。

f:id:aomogutan:20191019193014j:plain

ですが人の名前と顔がわからないソボでも、時々、クラスメイトの話をすることがありました。

そんな時は大体いつもこのような感じで話し始めます。

「花ちゃん、ってみんなから呼ばれている人が~
「田中、っていう人が~
「たぶん大ちゃん、っていう人だと思うんだけど~

・・・・・・・???
ん?何か変だぞ???

いつも私は、ソボの言葉に違和感を覚えていました。

最初の1回目の紹介はこれで良いかもしれませんが、ソボの場合は一年中そのような感じで言うのです。なぜいつまでたっても「~という人」が抜けないのでしょうか。

そこでソボに花ちゃんの名前を聞いてみます。すると毎回「知らない・わからない」と言います。ソボはクラスメイトのニックネームと名前が一致していないのです。

このようなやり取りが、毎年、毎年、毎年、繰り返されました。

一体いつになったらクラスメイトの名前を覚えるのだろう。でも子供の成長は人それぞれ。この子は他の人よりも幼いのだ。そう考えて、来年こそ、来年こそ、と気を長くして待っていましたが、ついにそんな日がくることはありませんでした。

今思えば、私もかなり呑気な方なのですね。(笑)

なんとソボは私のことも「この人、私の母親、っていう人なんだ~」と言っていました。私はそのセリフを聞くたびに、何だかとても悲しい気持ちになったことを覚えています。

それでも根気よく待ち続けた結果、ついにソボは17歳になってしまいました。

そこでやっと、ソボが相貌失認だということが判明したわけなのですが、人を名前で呼べなかったソボの言動に、やっと納得がいきました。

皆さんの周囲で、人を名前で呼ばない人はいませんか?

もしかしたらその人は相貌失認かもしれない、なんてことがあるかもしれませんね。

 

ご精読ありがとうございました。