相貌失認がんばり隊

顔が分らない相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしのブログです

どうやって走ればいいの?相貌失認の徒競走①

相貌失認の人は、奥行きが分かりません。
世の中がぺったんこに見えます。
距離感が全くつかめません。
そのため学校生活の至る場面で、不都合なことが起こります。

例えばどこの小学校でも、毎年秋になると運動会が行われます。
そんな時に困るのが徒競走です。

ヨーイドン!(パンッ!)

耳に頼る生活をしている相貌失認の人は音に敏感です。連続して聞こえるピストル音が怖くて、ソボはいつも耳を塞いでしゃがみこんでいました。

ですが相貌失認の人でなくても、スタート時のピストル音はドキドキしてイヤなものではないでしょうか?

俊足の子ならワクワクするかもしれませんが、鈍足の私にとってピストル音は、決して愉快な音ではありませんでした。

勉強が苦手な人はさらし者にされないのに、運動が苦手な人はなぜ、保護者・先生・全校生徒の前でさらし者にされなければならないのか?

私はいつもそんな風に感じていましたから、毎年の運動会を恨めしく思っていました。

そして運動音痴の私は、このように運動会を恨みつつも毎年休むことなく、高校卒業までの12年間、さらし者の役割をきっちり務めさせて頂きました!(笑)

さてさて、小学校の徒競走と言えば

低学年は50m。
中学年は80m。
高学年は100m。

と大体決まっているのではないでしょうか?

学年が上がるにつれて「距離が長くなる~」と子供たちは感じるかもしれませんが、相貌失認のソボは、そうはいきませんでした。

f:id:aomogutan:20191016094134j:plain

距離感がつかめないため、50mも100mもゴール地点は全く同じに見えます。

その上、ラストスパートをかけるタイミングもわかりません。

あれれ?みんな急に頑張り始めたぞ?もしかしてゴールが近いのかな?

 

と気付いたときはすでに遅し。

ほんの1~2秒気づくのが遅れただけで、追い越すチャンスはすでにありません。

他の走者は、かなり前方にいるからです。

仮に早目にスパートのタイミングに気がついたとしても、前方にいる走者が、どのくらい自分と離れているのか見当がつきません。

あとどのくらい頑張れば追い越せるのか、という判断ができないのです。

それじゃあ、とにかくやみくもに全速力で走ればいいじゃん!と思われるかもしれませんが、距離感がつかめない以上、全速力で走るのは危険です。近いのか遠いのかわからず、前の走者とぶつかってしまう可能性があります。

このような理由で、ソボの毎年の徒競走の順位は、ほどんどビリでした。

「フザケているわけではないのに、なぜこの子は思い切り走ろうとしないのだろう?」

当時ソボが相貌失認だと気付いていなかった我々は、いつも不思議に感じていました。

もしあなたの周囲で全速力で走ろうとしない人がいたら、もしかしたらその人は、相貌失認だった、なんてことがあるかもしれませんね。

ご精読ありがとうございました。