相貌失認がんばり隊

相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしなど。要は笑いあり涙ありの何でもアリのブログです。

相貌失認が原因で引き起こされた複雑性PTSDの治療方法

今回は、相貌失認が原因で引き起こされた複雑性PTSDの治療について、ご紹介させて頂きます。

相貌失認の人は、さまざまなことが原因で、ストレスが多い生活を送っています。
そのため複雑性PTSDを発症してしまう可能性があります。

 相貌失認のソボもそのうちの一人です。複雑性PTSDにより、年を追うごとに症状が悪化していき、10年近く日常生活にさまざまな支障が出てしまいました。

ソボの複雑性PTSDの症状は以下の通りです。

  • ネガティブ思考
  • フラッシュバック
  • 不眠
  • 不登校
  • (テレビや外出先で)怒鳴り声を聞くとすくむ・涙が流れる
  • 制服を着ている学生を避ける
  • 聴覚過敏/常にピリピリ
  • 解離性障害
  • 何も手に着かない
  • 好きだったことをしなくなる
  • 公共の場を避ける
  • 食欲不振・味がわからない
  • 何となく体調が悪い

そして20歳のときにようやく「複雑性PTSD」と診断され、治療がスタートしました。治療というのは、心理的な治療のことです。

前置きが長くなりましたね。
それでは早速、心理的治療について、ご紹介させて頂きたいと思います。

治療にはEMDRという方法が行われました。EMDRについては、後に再び登場してきますので、その時にご説明させて頂きたいと思います。

 

1.初期段階

心理検査

臨床心理士さん立ち合いの元、さまざまな心理検査が行われます。その結果とカウンセリングの内容を総合的に考え、今後の治療方針を決めて頂きます。ただし、患者の様子を見ながら治療が行われるので、途中で治療方針が変更になる場合もあります。

呼吸法

呼吸が浅いと不安を感じやすいだけではなく、様々な心身の不調が出ます。そのため最初に「呼吸法」を習います。

ストレスのコントロール方法

不安や怒りを感じたときに次の方法でコントロールする方法を習います。

  • ツボ療法
  • 言葉療法
  • イメージ療法

2.中期段階

月に1~2回で、カウンセリングを行います。ソボの場合はここに5か月ほどかかりました。ここでEMDRの前準備をしっかりと行います。

3.後期段階

EMDR

月に1~2回ほど半年かけて行われました。

EMDRとは、治療者と対話をしながら目を左右に動かすという、特殊な治療法です。トラウマ体験の症状を和らげる効果があります。

EMDRはPTSDの治療として注目されていますが、治療を受けられる機関は、それほど多くありません。私は「EMDR治療者リスト」から探しました。

その他のカウンセリング

名前は不明ですが、最新方式のカウンセリングが行われました。

f:id:aomogutan:20191010172844j:plain
(ラッキーエースさんによる写真ACからの写真)

注意すること

  • カウンセリングやEMDRを行う場合は、必ず治療者の指示に従うようにしてください。
  • 心理的治療効果には個人差があります。あらかじめご了承ください。
  • 治療をしたからといって、完全にトラウマが消えるわけではありません。
  • 治療をしたからといって、すぐにトラウマが和らぐわけではありません。

(ソボの場合は、上記の治療に1年、その後日常生活ができるまでに半年、合計で約1年半程度かかりました。人によって異なります。)

ご紹介内容は以上です。少しでもPTSDの方の回復のご参考になれば幸いです。

ご精読ありがとうございました。