相貌失認がんばり隊

顔が分らない相貌失認・ほのぼのマンガ・子育て/教育/学習・PTSD/パニック障害・簡単レシピ/暮らしのブログです

小学生のときにアホだった私が中学生になってから勉強好きになった理由

小学生の頃の私は、お勉強なんてしたことのないただのアホでした。それなのに私は両親から一度も「勉強しなさーい!」と怒られた経験がありません。その理由はただ単に、うちの両親が放任主義だったからです。ですが、放任主義といっても勉強に関してだけで…

(マンガ)風邪のウィルスから必死で孫を守るじいちゃん

風邪のウィルスから必死で孫を守るじいちゃん いや~、風邪のウィルスにここまで怒る人を初めて見ました。(笑)と同時に、孫を守る姿勢にいたく感動しました。イルカウォッチングは、長崎から行くコースと熊本から行くコースがありますが、どちらも同じ海域…

自分だけが責められている!人間恐怖症や自己肯定感低下を招く相貌失認の深刻な弊害

相貌失認の人はその独特な見え方ゆえに、社会生活・人間関係・成長過程に深刻な弊害をもたらします。その独特な見え方とは、「注目した部分だけが拡大されて、視界いっぱいに広がって見える」という見え方なのですが、そのことが原因で人相・表情・周囲の風…

(マンガもどき)空の上の大切なお仕事に、心から敬礼!

空の上の大切なお仕事に、心から敬礼! だから、大変なお仕事だなぁ、といつも感心していました。しかし、そのことを会社の先輩たちに話したところ、 とバカにされました。でもみなさん笑うだけで、誰もシステムを教えてくれなかったため、30年以上たった今…

(マンガ)伝説の部長

伝説の部長 いや~もう、後輩たちよ、ごめんなさいというしかありませんね。長男の方向音痴は間違いなく私のDNAの仕業です。おしまいです。他のドジ記事はこちらです。よろしかったらご覧ください。 フレッシュ転職! 未経験多数の求人

色と食感だけが頼り!相貌失認の人は初めての食材が怖い?

相貌失認が矯正される前、ソボは初めての食材を怖がってあまり食べませんでした。特に食べなかったのは生野菜や冷めたいもの。アイスクリームやプリンでさえも気味悪がって食べませんでした。どうやら、生野菜のショリショリした食感や、アイスクリームの冷…

パニック障害の発作を起こしている人へ「かけて良い言葉&絶対にかけてはいけない言葉」

今回はパニック障害の発作を起こしている人へ「かけて良い葉&絶対にかけてはいけない言葉」をご紹介させて頂きたいと思います。ただし、今回の情報は私の経験によるものなので、全てのパニック障害の方に有効とは限りません。ご参考程度に考えて頂けるとあ…

(マンガ)口は痛くない

口は痛くない ホントにねぇ~。食事への執念を感じます。「口」と「他の部分」は完全に別物だそうです。そのかわり一つだけ良いことがあります。風邪やインフルにかかっても、すぐに治ります。また、ここ30年、2回しか熱を出したことがありません。(風邪…

ゲーム機を利用したPTSDの最新治療法

今回は心理士さんから伺った「ゲーム機を利用したPTSDの最新治療方法」をご紹介させて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。まず、PTSD患者の脳内は常にピリピリした戦闘モードになっており、一時も休まるときがありません。だからとても…

(マンガ)超ド級の方向音痴

超ド級の方向音痴 迷子になる時間15分 戻る時間15分 正しい目的地へ向かう時間15分 予備5分 この合計50分が迷子時間になります。例えば10時に東京駅集合ならば、9時10分には東京駅へ着くように家を出ます。今のところ大きな失敗はないです。 …

子供を親のカウンセラーにしないすゝめ

世の中には毎日のように子供に不満や不安をぶつける親がいます。(多少は良いかもしれませんが)それは子供の心に、大きな負担をかけてしまうかもしれません。子供はただでさえ人間関係・学業・部活動で悩みを抱えていて大変なのに、その上親のメンタルの面…

相貌失認の人は幼児期に言葉の遅れがみられることがある

相貌失認の人は幼児期に言葉の遅れがみられることがあります。その原因は、相貌失認の見え方に問題があります。 そもそも人は、視覚情報と言語情報を組み合わせて言葉を覚えるものです。例えば子供に、実物またはイラストの猫を見せたときに「これは猫だよ」…

(マンガ)運の悪いヤツ

運の悪いヤツ 近所のおばさんの柿には毎年当たり外れがあります。上記のように、渋柿:甘柿=4:1の年もあれば、甘柿100%の年もあります。それでも、近くに親兄弟のいない私を何かと気にかけてくれる、優しいおばさんなのです。ところが今年は柿もらえ…

PTSD(トラウマ)の人は「爬虫類脳」が活性化している状態である

PTSD(トラウマ)を患っている人は、「爬虫類脳」が活性化し「人間脳」は不活性化しています。それはどういうことかと言うと、PTSDの人は、危険に対して常に敏感になっていますが、自分のトラウマ体験を言語化して説明することができないということ…

子供のころ誰もがやったことあるシリーズ ⑤幼稚園のベチャベチャのり

こんにちは。あおもぐたんです。皆さんは幼稚園のころ、工作のりを使用した後の、ベチャベチャした指の後始末に悩んだことはありませんか? 私は幼いころ、ベチャベチャしたのりの感触がとても気持悪くて「どうやったらこのベチャベチャを早く取ることができ…